TSO医学協会

TSO療法の目指す 根治・根源法

精神病 ・ 神経病 ・ アレルギー ・ 膠原病 ・ 癌 ・・・
難治性疾患は、どんどんと増え続け
疾患の原因と治療法を解明する為、医学は発達しております。

  「・・・の病気は遺伝子の・・・に異常が見られる」
今や、病気の根源を遺伝子から解明出来る時代に入りました。

そして、遺伝子から病気を治す 時代に移り変わってきています。

遺伝子とは?
  人間の設計図です。

遺伝子と細胞
人間の体は お父さんとお母さんの 遺伝子(DNA)によって
子どもの遺伝子(DNA)が生まれます。


一つの遺伝子から 情報がどんどんとコピーされ、細胞が集まり身体を作るのです。



細胞とは、人間の最少原子。
その数成人でおよそ60兆個
細胞の集まりが、
目・鼻・口・耳・舌(五感)・肝臓・心臓・脾臓
 など各器官となり、私たち人間となります。

その細胞の司令塔 であり 設計図 が、
DNA (デオキシリボ核酸)



細胞を増やすために転写する(コピー)遺伝子を  RNA(リボ核酸)

DNAのコピーの出来により  良い細胞になるか?
悪い細胞になるか?
強い細胞になるのか?
弱い細胞になるのか? 
         さまざまなのです。

人の遺伝子の原子は、脳幹視床下部にあると言われ、
自律神経によって身体各部の遺伝子・細胞の状態を把握。
コントロールする事で、身体を正常に・元気に保つことが出来るのです。

  人間のコントロールタワー
自分の意志とは関係なく、自動的に24時間休まず働き、
多岐にわたり健康・生命維持に関わっているのが脳幹です。
                                                    
脳幹 = 自律神経の最高中枢
人間(動物)が生きていく上で、欠かせない心身の管理、調整をしているのも≪脳幹≫

この脳幹の活性度合いにより 
生命の質   健康の質  そして  遺伝子の発現力 修復力 
が変わるといっても過言ではありません。

ストレスや疲労の蓄積が続くと どうなるのか?
ストレスや疲労の蓄積は、身体だけでなく脳幹にも溜まり、
身体の情報をうまく処理出来なくなります。
それが、脳幹のオーバーヒート

脳幹のオーバーヒートは、末梢である 自律神経 迄もオーバーヒートを起こします。
これが    脳幹の誤作動 を生む

誤作動を起こせば、身体が思うようにコントロールできなくなり、
免疫能力が低下し、  病気にかかりやすい
新陳代謝が低下し、  ひどく老け込み・老化の原因に 食事や睡眠にも影響
自己治癒力が低下し、 病気を治すなど 細胞再生が出来なくなる












  異常を引き起こす     コピー能力の低下






TSO

TSOとは、脳幹の誤作動をリセットする リセット療法です。
TSOは、脳幹に心地の良い刺激を与えながら、身体各部を刺激する事で、
脳幹と身体 両方の オーバーヒートを解除する療法です。







リセットすれば、身体に起こっていた不調・病気など スパイラルから解放
身体を正常な状態、のスパイラル に導く療法です。
また、脳と身体のストレスをリセットする事で 精神的余裕が生まれます。
 
脳・身体・心三位一体の療法です。
脳幹は 遺伝子の修復・発現・細胞再生の活性化など も司令。
遺伝子の修復に必要不可欠です。

身体の設計図である 遺伝子 を修復

核酸とは?
DNAは、細胞再生にとって絶対に必要な設計図
核酸とは、その設計図をコピーする用紙です。

核酸は、体内の細胞から再利用・また、食物より取り出すことにより、
補給しています。
サルベージ - 肝臓において使い古した細胞から核酸を取り出し、再利用しています。
デノボ合成 - 食物から核酸を取り出し、肝臓で私たちに適した核酸に作り変えています。

核酸を摂る理由
 細胞の増殖・再生の第一段階 それは、 遺伝情報のコピーから始まる。

核酸を摂る理由はただ一つ。核酸を新たに取り込むことで
キレイな用紙に遺伝情報をコピーすることです。

核酸の無い細胞へは、コピーできず 細胞は死滅します。
材料(栄養)を取りそろえても、遺伝子のコピーが出来なければ、
その材料は、意味を失うのです。

キレイな用紙が足りず、使い続け再利用されるごとに、用紙が汚れたり・
傷つき読み取れない!?  正常な細胞を生み出せず、癌や病気の元となります。

TSO医学協会 で核酸を導入する理由は、
新しい用紙をたくさん取り込み、古い用紙を破棄(アポトーシス=細胞の消滅)

常に新しい・正常な細胞を生み出すことで、
細胞から元気を取り戻すことができるのです。 





TSO  ・・・ 脳幹から身体を正常にもどし、細胞再生を活性化
核酸   ・・・ 遺伝子から細胞の修復・再生能力を高める

相乗効果により TSO医学協会 が目指す、
                                                             根源からの修復療法です 




        
腰痛の原因は 脳だった

疲労の原因は「体がおかしい・・・」 ではなく脳です

マインドフルネスによる 脳疲労の改善  

29年2月号
日経 「大人のOFF」掲載


ここ最近になり、体の不調は
脳ストレス・疲労が原因‼ と紹介されるようになりました
 

脳・自律神経・遺伝子 と TSO

痛み・疲労・自律神経・遺伝子・・・
      TSO は 脳から 身体を 超回復する
           脳 整 体 療 法

人には、自分の身体を自分で治そうとする 「自己治癒能力」
      病気にならないよう身体を守る   「自己免疫力」
      傷んだ身体を修復し新しくする   「新陳代謝」  

         誰しも持つ能力で
この能力を調節しているのが、自律神経!!

自律神経をコントロールし、身体を常に健康に保てるよう、
指令する    それが   脳   です。

脳にストレスが溜まり、身体をコントロール出来ない!! 
それが、       自律神経失調!!

癌や 膠原病 その他 さまざまな、病気の原因は、

        たった1つの細胞や遺伝子の傷!! 

その傷が大きくなると、病気となり、病状が現れます。

細胞や遺伝子の傷に、
脳が気づき、取り除けていたなら、病気はなかったのでは・・・


肩こりや腰痛、膝関節痛など 外傷によるものを避けると、
きっかけは、
                   身体の歪み・ねじれ!!

そこに疲労が蓄積、筋肉・関節・靭帯が疲憊。
細胞や遺伝子を攻撃。痛みを起こす原因となります。

          一度痛めるとなかなか治らない!!


なぜなら、遺伝子が傷つき・元の元気な筋肉や
関節・椎間板などの軟骨を再生できないから・・・

身体の歪み・ねじれを 「異常!!」と  脳  が認識
していれば、痛みを起こさなかったのでは・・・

自律神経とは、自分の意志・行動に合わせ、
身体を自己でコントロールする。自律した神経の事です。
しかし、
        ・お腹が減って食べるのに、胃腸が動かない。
        ・運動していないのに、動悸がする。
        ・眠たいのに、眠れない。      など

自分の意志・行動に対し、身体が起こす反応が 合わない!!
やがて、
     ・意志とは無関係に、・身体が固くなる
     ・過呼吸
     ・動悸 (不整脈)
     ・目まい      
     ・冷や汗  など
 
身体が急に反応を起こし、 
          「いつ出るかわからない発作!!」
その不安から
          「精神的に追い込まれる」

肉体・精神共に追い込まれる!自律神経失調症の怖さです。

  脳から身体(痛み・自律神経・遺伝子)を超回復する

脳から自律神経をコントロール!! と同時に、身体の緊張を解放!!
精神的ゆとりが生まれ、身体を正常なコントロールへと導く。 

それが 脳整体療法
     T(トータル) S(ストレス) O(解放) 

TSO(トータルストレス解放)療法は、当院独自の療法です。

        遺伝子より身体を修復する
TSOを中心に、身体の根源より、健康を取り戻す施術に取り組む
それが、   TSO医学協会  です

TSO医学協会挨拶

TSO医学協会  ミタニです。

TSOとは患者の状態を確認し、症状と向き合い 
        脳から身体異常を改善に導く施術 です。


TSO療法のきっかけは、あらゆる施術を試みても改善しがたい頑固な肩こり・腰痛など
どうすればよくなるのか?
考え、導きだした施術理論を形にした療法です。

力を抜いているつもりなのに、緊張している・・・
思ったように身体が動かせない・・・
押されているのに感覚が無い・・・

これらの異常に施術を試み、予想以上の成果をあげました。

この成果をもとに、あらゆる症状にもっと深く・広く施術を試み、
可能性の広がる施術法となりました。

現在は、自律神経の中枢 脳の活性により、遺伝子の発現を促し、
「難治性疾患の回復に」と考え、
   脳・遺伝子から身体を戻す
根治・根源を目指す療法を目指しております。


TSO医学協会は、
患者の笑顔を取戻し、身近にいる大切な方々から幸福の連鎖を起こす
志を持つ施術者の集まりです。

協会では、さらなる施術の可能性に挑戦し、
より多く方々の元気を取戻す様、日々施術研究しております。