HOME > マタニティー・産後調整

マタニティー・産後調整

マタニティー施術

妊娠中の女性はホルモンバランス骨盤バランス姿勢バランス内臓の圧迫など胎児の発育に合わせ 様々に変化します

・肩のこり
・腰痛
・背部痛
・恥骨痛などの痛み 
・睡眠不足
・冷え            など 

当院では、産前・産後の 肩こり・腰痛など 
痛みの症状だけでなく、自律神経系の疲労でお困りの方にも施術を行えます。

妊娠初期・中期・後期 そして お体の状態に合わせて施術方法を変更致します。

当院では、妊婦さんの施術実績も多く、出産後の施術小児の施術も行いますので
ご心配な方は、一度ご相談ください。


妊娠中毒症・妊娠後虚弱・体力の低下が著しく見られる場合。
(特に妊娠初期にて症状が重い場合は施術をお断りすることがあります。




出産後 骨盤矯正

「女性の骨盤は歪みやすい」

出産前は体型の変化と出産準備で徐々に骨盤が開き緩みやすくなります。

その為 出産前は、身体の変化に伴い 痛み・だるさ・しんどさを生じます。


出産後は骨盤の硬化が徐々に起こる為、骨盤が歪んだままになりやすい。
その為 出産後は バランスが崩れたまま固まり 骨盤の歪みによる姿勢・体系の異常や姿勢バランスの崩れによる症状が継続します。


子どもの抱き上げや、授乳時の姿勢、抱っこ姿勢などはでは、左右どちらか一方に重心をかける態勢が多くなります。
足を組んだり、あぐらをかくなど日常の姿勢が大きく変わります。

出産後は、3~6カ月の間、
骨盤ベルトなどで締め、骨盤を安定させることが重要。
(骨盤ベルトもご用意しております)


不安定・歪んだ骨盤では、おしりが大きくなり リンパや血液の流れが悪くなることで、むくみや冷え症などになりやすく、生理痛・生理不順を引き起こす原因に‼

また 下半身に脂肪がつきやすく下半身太りやO脚・X脚・内蔵などが下がる他、肩こりや腰痛の原因となり その後の生活に支障が付きまとうのです

出産を期に骨盤の調節を行うことも可能です。
快適な育児ライフを楽しんで頂けるよう、産後は早期に調整するように心掛けて下さい。




帝王切開でご出産された方
帝王切開でご出産された方は 傷口が非常に痛むので 無理に施術を行うのは肉体的にも精神的にも決して良くありません
ストレスからノイローゼに陥いる事も考えられます

傷口の痛みが治まってから骨盤のケアをしましょう
出産後から施術までの間は 日常生活の姿勢を気を付けるだけで 歪みの予防につながります

お悩みの方は お問い合わせメール下さい


がおススメ

~ 治療として ~
・ TSO治療
・ TSO整体 がおススメ