HOME > 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群

慢性疲労症候群(ウィルス感染後疲労症候群)

 

 インフルエンザが完治した
 病気が緩解した


にもかかわらず、体が言うことを聞かない!

全身倦怠感や、無気力・ついには寝込んでしまう・・・
そんな方が急増しているのをご存知でしょうか?



病院に行けば 最初は過労と診断され
その後症状が続けば  うつ   と言われ
長期間の療養を余儀なくされる方も多いでしょう。


そんな方が行きつく病名こそ
   

慢 性 疲 労 症 候 群


原因不明の強い疲労が長期間
(一般的に6ヶ月以上)に
および継続する病気で

・筋痛性脳脊髄炎
・ウイルス感染後疲労症候群    とも呼ばれます


重篤度が伝わらない・慢性疲労と区別がつきにくい!ということから、
慢性疲労免疫不全症候群とアメリカ患者団体では言われています。

(休息以外に適切な治療が必要なのが「慢性疲労症候群」で、休息すれば改善されるのが、「慢性疲労」です。慢性疲労は休息不足から起きている症状です。)


 

神経系の疾患として
 ・ウイルス感染後疲労症候群
 ・慢性疲労症候群
 ・良性筋痛性脳脊髄炎    の3つ分類


主な症状は、身体及び思考力両方の激しい疲労
日常生活が著しく困難になり 行動力・思考力が低下。
自身の思いとは裏腹に体がついてこない

(現在も病理学的に完全には定義されていません



慢性疲労症候群の診断は、服薬を除外し、仕事や生活習慣が原因でなく、慢性疲労をきたす障害や状態が、十分に休養をとっても回復しないこと。
貧血、甲状腺疾患、糖尿病、多発性硬化症など 検査上の原因などは除外されます


 

では、いったい何が原因なのでしょうか?

そこには 
 との深いかかわりがあります


~ Brain & Body Control ~
     脳の疲れ は 心身の疲れ

私たちのすべてをコントロールする「脳」
その働きは体の修復・改善を目的として 免疫もコントロールします



病気やウィルスに感染すると、全身の免疫をコントロールする為に、
脳が多くの情報を体内から収集し、指令を発します。


その情報量は膨大に膨れ上がるため、体を動
かさず安静にすることが回復への近道。
(体を動かすと、脳の運動指令が発生するため、免疫への指令が半減し、回復力が低下します)



この膨大な免疫指令により
脳が 疲憊・オーバーヒートを起こし、心身コントロールが著しく低下する。

 

これが 

慢性疲労症候群の発症原因

                
 

脳からの指令は、疲憊・オーバーヒートを起こした後、休息を挟んでも、脳の出力は回復し難くなります。
そのため、長期にわたり心身を患い、社会復帰は元より、日常生活にも支障をきたすのです。
 


もし 
脳と自律神経を 正常な反応に戻せたら
どうなると思いますか?




~ Brain & Body Control ~

心身の気力と免疫力を 脳から取り戻す



当院の治療は
 
 脳と自律神経の出力・反応を高め
  あなたの自己治癒システムを向上し
身体の内・外すべての機能を修復へと導く

 真の根本療法です


脳整体療法 TSO
ウィルス感染後後遺症(慢性疲労症候群)
         の回復に自信があります



TSO療法は 脳の出力を高め 体を整える療法
脳の疲憊・オーバーヒートにより、著しく落ちた脳出力を引き出し、脳指令を高め・整えることで、心身のバランスを取り戻します。
身近にお困りの方がいましたら、ぜひ、一度お話しください。



~ 施術メニュー ~
・脳整体療法 TSO

・鍼 灸

・リラクゼーションTSO