HOME > 子供の症状

小児の症状

子供の症状

子供の成長期には様々な異常が起こります。

・ 成長痛
・ 発育障害
・ ADHD(注意欠損・多動性障害)
・ 起立性調節障害
・ てんかん
・ 女性の月経異常

・ うつ
・ パニック障害

・ 無気力
・ 情緒不安定
・ 熱中症
・ 過敏性腸症候群
・ アトピー他 アレルギー症状  etc


子供は、症状に至るまで 自覚症状に気付いていない・言わないことがほとんどです。
 

~ 原因について ~
・ 姿勢異常
・ スポーツによる疲労
・ 湯船に浸からない
・ 睡眠不足
・ 偏食

・ スマホ・ゲーム病
・ 勉強のし過ぎ
・ 遺伝 もしくは 後天性遺伝子異常
・ 脳の発育遅延(体の異常成長に追い付かない)
・ 環境的因子(いじめや大人・子供の環境になじめない)
・・・etc

いかがでしょうか?

あてはまるものはありましたか?

症状・原因を多種に渡り記載したのは、子供は今まさに成長しています。一概に一つの原因に絞ると、他の原因との関連性を削ぎ、治療が停滞します。

ただ1つ言える事は、体の成長に歩調を合わせ、脳が成長しなければ、自律神経をコントロールできず、あらゆる症状・病状を引き起こす

近年一番の原因が、スマートフォン・ゲーム・動画を続けて使用することで、脳の情報処理能力・容量オーバーによるフリーズです。


脳がフリーズすれば、成長に合わせて身体の調整ができず、発育障害・発達遅延・ホルモンバランス異常・免疫異常が起こります


 

~ Brain & Body Control ~

脳と身体 自律神経の働きを
マッチングさせる





①子供は 何かに夢中になると 自覚的に身体の異常を上手くキャッチないので、無理をしてしまいます

②夢中に動いたり・没頭するなど 脳への情報が多くなりすぎれば、処理しきれずオーバーヒート・フリーズが起こります。
 特に
子供の脳はまだ小さく 20歳を過ぎるまで 脳細胞は増殖。
 
過剰情報で 脳が炎症を起こし、ショート・フリーズすれば、今後何度も起こりやすくなり、一生の後悔になります。


③自律神経が反応できず
・成長痛

・発達遅延
・免疫異常

・運動能力の低下

・ホルモンバランス異常など 発育障害を引き起こします

 

原因を特定し取り除くことで治療後の再発を抑えることが可能になります。
ただし、「原因だけを取り除いたから」と言って、一度弱った体は元に戻りません



しっかりと治療を行い、脳の反応・自律神経(治癒力)を最大限に引き出し元気を取り戻しましょう。


~ 治療として ~
 ・鍼灸治療
 ・脳整体療法 TSO
 スポーツ 他 パフォーマンス能力の低下では
脳整体療法 
TSO をお勧めします

運動によるケガも対応しております。