ミタニ院長とゆかいなスタッフのつぶやきブログ

2020年1月 9日 木曜日

受験生や学生の睡眠障害(不眠症・過眠症)でお悩みの方は 尼崎 自律神経専門の東洋医学治療院

 お子様に あてはまるものがありますか?

□ 眠気は来るが眠れない
□ 寝てもすぐに目が開く
□ 朝早く目覚める
□ 寝た感じがしない・寝たりない
□ 朝のスッキリ感が無い

逆に

□ 早くから寝落ちしてしまう
□ 気が付けば寝ていた
□ 長時間眠ってしまう
□ 朝のスッキリ感が無い
□ 寝ているのに寝足りない・寝た感じがしない
□ 勉強中や用事中にいつ寝てしまうか?怖い


上は不眠症 下は過眠症 です

睡眠の質は 受験生や成長期の学生にとって非常に重要です


楽しいイベントの前日、心配事がある時・試験の前日・旅行先で寝付けない など
「眠ろうとしているのに どうしても眠れない」そんな時がありますよね

睡眠時間が不足しているわけではないのに、日中・学生生活に支障をきたすような猛烈な眠気が生じ、実際に眠ってしまう。
一週間ぐらいのうちに眠りが回復すれば、一時的な症状なので特に問題はありません。



しかし、数週間にわたって不眠・仮眠が続く場合 睡眠障害の疑いがあり
育ち盛り(20歳まで)の子供にとっては、深刻な事態を招く恐れがあります
(子供を基準としてお話しております。一般的な睡眠障害について詳しい内容は こちらのページをご覧ください)



睡眠の役割は 「体を休めるだけ!」で無いのはご存知ですよね
・記憶の固定・脳のアップグレード(暗記力・計算式など)
・身体の成長(細胞の修復・増幅)
・免疫調節(身体の回復力) など 
        活発 かつ 同時並行 で行われます


睡眠障害の人は
・倦怠感
・意欲低下
・集中力低下
・判断力が鈍る
・抑うつ
・頭重
・めまい
・食欲不振  
など多岐さまざまな不調が出現します

この
・ 長期間睡眠の質が悪い状態が続く
・ 心身の不調が現れ生活に支障が現れる


2つそろうのが 睡眠障害 です
 

・一般的な睡眠障害を起こす理由としては
身体の病気 ・心の病気 ・薬や刺激物 ・生活の乱れ 





睡眠コントロールは 脳幹と自律神経が行う


脳幹は24時間年中無休で働き、身体のメンテナンスや修復など 私たちが生きる為に必要な司令塔で無意識のうちに体を治す 治癒システムの中枢です

睡眠の質は この 脳幹によって左右されます 

(睡眠障害の原因・睡眠と自律神経の関係について 詳しくは こちら
身体が治らない 代謝が悪い 常にダルイ・しんどいのは 脳幹(自律神経)の異常サインです



・学生や受験生の睡眠障害の原因

学生では  
運動のし過ぎ ・勉強のし過ぎ ・交友関係による悩みがあります


動きすぎたり(体育会系に多い) 
  逆に
動かなさすぎる(文科系に多い)と  
自律神経のスイッチが壊れてしまいがち

睡眠障害に陥りやすいので なんでも○○すぎはいけません‼



受験を控えた学生では?
受験のプレッシャー
・勉強のし過ぎ(休息・栄養不足) など



受験生の身体に起こっているのは?

机に向かっているあいだ、無意識に体幹の異常緊張が続くため、身体は交感神経優位に働き
頭(脳)も勉強に集中するので交感神経優位に働きます


この状態は  


身体を動かしていないのに 交感神経がずっと働く・・・


すると 
 いつ副交感神経を働かせたらいいのか?わからない・・・


自律神経の故障に陥るのです



近年多いパソコン・スマホ・ゲームのし過ぎも同じです

 
あなたの意識(大脳部分)はリラックスしているけど 

脳幹(自律神経の中枢)と身体の緊張(凝り)はリラックスできていない



意識では「休息したい」のに
脳も体も無意識に休息できない‼ 

お子さんは 自律神経失調症です



・不眠症は 自律神経のスイッチの故障による 睡眠障害

・過眠症は 脳過労。頭にある情報を処理できなくなり
     脳をシャットダウンしようと、眠ってしまうのです。
(睡眠の質に問題があり 睡眠時の脳アップグレードが必要)



~ Brain & Body  Control ~
脳(自律神経)と心・身体をコントロール
睡眠の質を取り戻す

 


快眠を得るには 脳幹の働き取り戻し 眠りの質を変えること

東洋医学治療院の治療は
Brain & Body  Control 

脳幹を活性化し 自律神経を整え 治せる身体に変える療法
脳整体療法 TSOで あなたの眠りを変えましょう。

運動しても 
  お風呂に浸かっても 
    鍼やマッサージしても
      変わらない・すぐに元に戻る・・・

睡眠障害でお悩みの方は ぜひ ご相談ください。 

 
― 睡眠薬について ―
「眠薬は一度使い始めると手放せなくなり、次第に量が増えていくので副作用が怖い。」昔の睡眠薬は効果が強力な反面、副作用も強く安全性に問題がありました。
現在広く使われている睡眠薬は不安や緊張・興奮をやわらげて眠りに導くので自然に近い眠りが得られ、副作用も少なく安心して使えます。長期にわたって漫然と使い続けるのはよくありません。医師の指導の元に適切に使用することが大事です。



大切なのは睡眠の 量 より 質

 
睡眠薬・導入剤では 睡眠時間は得られても 睡眠の質が 深く得られるとは言いかねます。
当院では、医師から処方される睡眠薬を併用しながら、ねむりの質を改善します。



学生 特に 受験生には 時間がありません‼
早期ご来院をお勧め致します。

ご予約 06(6432)8215 まで

投稿者 東洋医学治療院 | 記事URL

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31