ミタニ院長とゆかいなスタッフのつぶやきブログ

2015年8月20日 木曜日

保養キャンプに出張(=^・・^=)

8月19日 水曜日 午後の診療をお休みし、
宝塚市が主催する  福島から来られた
子ども達と その父兄が参加する
保養キャンプにボランティアとして参加。
宝塚市 小林にあります 西光院に行ってきました。

この保養キャンプに参加する事 7回目

この保養キャンプの趣旨は、
放射能から汚染から守る為、
汚染により、外で遊べない子供たちを
安心・安全な所に連れて行きたい 親の思い

その思いを受け取り、
ボランティアメンバーの方に、宝塚市が協賛し
この保養キャンプを春・夏 二回にわたり
実施されております。

僕はというと、ボランティアメンバーさんと
小さな出会い(院の近所でバス待ちしている方と話しただけ)
が、きっかけとなり、付添いで来られる御父兄の
ボランティア施術を行っているんです。

今回4人のお母さん!?の施術を行い、
  満足していただけた!!     ・・・っと思います。

その帰り際、ボランティアスタッフの
   公開施術となり なぜか?盛り上がって終了しました!!


今回、お土産を頂き、また子供にまで頂きました。

また、次回のご予約迄あり、楽しいひと時となりました。


PS 僕らは、恵まれてます。
  福島の今を・現実を知りませんでした。
  話題にもあまりされなくなり、風化していますが、
  福島の方では、今も放射能汚染が続き、安心・安全な
  生活をおくれない方々が沢山おられる事を・・・。
  
 このボランティアの内容については こちら

投稿者 東洋医学治療院 | 記事URL

2015年8月20日 木曜日

朝来に行ったら・・・え~~~~~っ!!

 お盆休みが終わり・・・いよいよ後半戦がスタート!!

っとその前に、お盆休み中の出来事を!!

家の親族で大移動する事が多く、今回はキャンプ。

丹波まで行っておりました

雨を心配しておりましたが、

何と!何と何と!! キャンプ地で行われるイベントごとに
雨がやむ!!
いや~日ごろの行いですね~~

子どもたちは、大はしゃぎで遊び、
イベント中、大人たちはゆったり森林浴を満喫!!
image1





マイナスイオンでリフレッシュ!!

次の日に、このまま帰るのはヒマだろう

ってことで、足を延ばし朝来にゴー
姉が、「ここ行ってみない?」
僕「??」
何か聞いたことのある名前やな~

まさか? 違うやろ~!?

山道を行くこと1時間

近づくにつれて 寒気が・・・
付いた先のフロントを 恐る 恐るdespair 見てみると・・・

いや~~~~~~~~!!catface(笑い)

そこは、患者さんが管理している所!!
向こうは僕を見るなり
「え~~~~~~~~っ!!」
そらなるわね!! 何も言わずに行ったもんですから。

そこは、魚が滝荘 
今回、テレビや関西雑誌にたびたび取り上げられた
名スポット!!

川の水は澄みわたり、滝による自然のスライダーあり、
浅瀬の川ではちびっこたちが遊び、

周りでテントを張るスペースを貸し出してくれ。
バーベキューを楽しむ家族!!
  (ガールだけのバーベキューチームもlovely

そこは、お食事もあり 僕はアマゴ塩焼き定食!!
めっさ美味しかったっす!!(写真撮り忘れた~crying

秋になっても、川遊びは、まだまだ遊べるしね~
森林浴がてら またいってみよう!!




投稿者 東洋医学治療院 | 記事URL

2015年8月10日 月曜日

熱中症の2次障害 と お盆休みのご案内

夏の甲子園が始まり、ますます暑さ際立つ今日この頃、

皆さんとろけておりませんか?

熱中症対策として、冷房や扇風機などで涼しくしているかと思います。

シッカリと汗をかく癖も付けて下さいね!!


汗は、体温調節をする大切な生理的機能です。
 汗をかかないよう 我慢したり、
  汗をかかないように涼しくし過ぎたり、
   汗をかかないように、シャワーでお風呂を済ませたり

あまりしすぎると、汗腺の機能が弱り
  汗を掛けなくなると 熱が体内にこもります。

熱中症での2次障害をご存知でしょうか?

熱中症は、身体の熱を体外に放熱できない
             放熱が間に合わない状態
目まい ふらつき 顔の火照り
異常な汗の出方 昏睡 痙攣 脈拍異常
         などが起こり 生命の危険となります。

体温調節中枢は、首の付け根 脳の中枢にある視床下部にあり、
体温調節だけでなく、心臓の動き や ホルモンコントロール
呼吸や血圧調節 etc 生命のコントロールタワーです。
脳幹の一部で、自律神経の中枢部でもあります)

皆さん、熱中症の症状が治まれば、大丈夫!!
っと思っていませんか?

体温が40度以上一過性に上がりっぱなしになると、
内臓 その他の臓器。自律神経系に、大きなダメージを残しているのです!!
身体は、タンパク質を主成分としておりますが、
40度以上に上昇すると、タンパク質が熱変性をおこし、
身体の機能そのものを失ってしまうからです!!

当院でも、熱中症後後遺症の施術を行います。
以前に来られた方は、熱中症後、手が上がらない。
足先がしびれる。ふらつき・めまいがその後より出現するなど
食欲がなくなる、血圧・脈拍以上の方々 etc

見た目は、大丈夫でも身体の中のダメージは凄いので、
熱中症になった後は、しっかりと身体を休め・養生してくださいね。

さて、当院は8月12日(水)午後の診療~8月16日(日)まで
リフレッシュ期間として、お盆休みを頂きます。

しっかり充電して
     2015年 後半期突っ走ります!!
    お間違えの無いように 

そして、ひつじ年!! 後半も 宜しくお願い致します。               

投稿者 東洋医学治療院 | 記事URL

2015年8月 3日 月曜日

身体を元に戻す・元気にする には!?

いよいよ夏も暑さのピークにやってきましたね~

身体も心も溶けそうです

先日、患者さんにうれしいお言葉頂きました!!
「先生の言ってた意味が解りましたよ」
その方がおっしゃるには、
先日テレビで「腰痛の原因を解明した」
というような、テレビが放送されたようです。

「近年、福島県立医科大学が、
50年に一度といわれる大発見をしました。

それは、原因不明の腰痛患者の脳血流量を調べたところ、
なんと7割の腰痛患者が、健康な人にくらべ
「脳血流量が低下している」ということ。
脳のはたらきと、腰痛に深い関係があることが明らかにされたとの事。

そして、この発見を受けて、
アメリカのノースウエスタン大学がさらに研究を進め
その結果、慢性腰痛患者は、
脳の特定部分のはたらきが低下していることが!!

それが、前脳にある「側坐核(そくざかく)」といわれる部分です。
通常、腰部で炎症などが起こると、その痛みは脳へと伝わりますが、
側坐核には、この痛みを「制御する」はたらきがあります。

つまり、側坐核が正常に機能することで、
人間は必要以上に痛みを感じない仕組みをもっているのです。

しかし、脳の血行が悪くなり、側坐核の機能が低下すると、
本来、おさえられるはずの痛みが、おさえられなくなってしまいます。

これが、正体不明だった腰痛の原因。」  との事。

  
当院の考え方は、 症状の段階によって施術提供を変更しております。

それは、

治療も 薬も 外科的な処置以外は、すべて刺激!!

刺激を受ける事で、脳が理解し、適切な処置を行う。
それが、人間の機能を元に戻す働き。
人間本来が持つ 自己治癒力にかなう療法はまずありません!!

脳の 病状を把握する能力を高め、自己治癒力を取り戻す療法
当院では、TSO という当院独自の療法を行っています。

また、核酸という
 人間の設計図  遺伝子 を修復するものを取り入れ
   より早く・より健康に戻すことを行っております。

いろいろ試しても、変わらない症状が有りましたら
ご相談くださいね。

投稿者 東洋医学治療院 | 記事URL

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31