ミタニ院長とゆかいなスタッフのつぶやきブログ

2014年7月18日 金曜日

月経異常の考え方です。

ここ最近月経異常について触れる事が多く、
新聞やニュースでも取り上げられているので、
少し、ブログってみました。


月経異常は、
   ホルモンバランスの異常
   子宮・卵巣の病変      に分けられています。

   確かにその通りですよね。

そうなると、ホルモン調節や子宮内膜症の治療の為に 
ピルなどの治療薬を服用します。 


これ、「何とかしたい!!」思いにこたえる 治療法です。


でも、僕らは、もう一丁前から考えます。
「なぜ、そんなことになったのか?」

まず、運動の観点からいうと、

   ・運動で使用する栄養素の不足。
皆さんは、運動すると消費カロリーの事ばかり気になるようですが、
傷んだ筋肉や関節の炎症。身体を回復させるのに使用される栄養素
については、無知に等しい事が多いです。

   ・過度の運動によるストレス。
運動する事は身体にとって非常に良い事です。
新陳代謝の能力も、高まりますしね。
ただ、体調の悪い時、もともと体力が無い人。かなりハードに体を追い込む人。
自分の体を顧みず、「只々運動すれば健康になる」と思い込んでいる方。
また、部活で、ハードトレーニングをしている方などは、気を付けて下さい。
子宮や卵巣へ過度のストレスが加わる事で、その機能に変調をきたします。

・太り過ぎ・痩せすぎ
単純に書きましたが、これだけでは差別言語になりますので、補足します。
過食によるもの、栄養バランスを考えない食事をされ続けた方に、
非常に多く見られます。

ホルモンは、タンパク質を中心に、ビタミン・ミネラル・ファイトケミカルなど
あらゆる栄養素が加わる事で作り出されています。


しかし、良く食べられる方、過食症の方の食事をご覧ください。
炭水化物を中心に、栄養素は非常に偏っています。


また、痩せすぎの方、綺麗になろうと頑張る方も同じです。
単に痩せようと、カロリーばかり気にして、栄養を全く考えない。

「考えてるよ!!」お怒りの声も聞こえてきそうです。
っが、一言でバッサリと切るならば、「絶対栄養素の割合に全然達していない!!」


ぼくが、何故そこまで ストレス と 栄養 にこだわるのか?

施術してきた患者さん達が、これで改善されたからです。


患者さんの不調の原因がホルモンバランスにあり、
無月経や月経周期異常・月経痛と判断する場面も多く、
ダイエット目的で来られてカウンセリングすると、

         半年以上 生理が無い。
         排卵以上がある。
         ピルを服用している。


聞けばさまざまですが、栄養の事を考えていない。
「考えて食べてる。」と言っても 元の体内栄養素の基準値が
低い状態ならばいくら栄養を考慮しても、身体を治す事が
出来ない値のまま。

冷えや疲労骨盤・全身バランス異常 その他
身体のあらゆる箇所の不具合によるストレス
このことに 気付いていない方。

原因は、人それぞれですが、その人の事をしっかりと把握し、
何通りもある改善方法の中からベストの選択をする事。


これが、一番重要です。

長文で偉そうに書きましたが、

子供を出産できるのは、女性しかできない 素晴らしい神秘的能力です。
育児を助けたりすることはできても、男性には決してまねできません。

その能力を大事に、元気に 健康に 美しく なりましょう。

投稿者 東洋医学治療院 | 記事URL

2014年7月14日 月曜日

サマータイム お盆休みのお知らせ

いつも御来院頂き、ありがとうございます。

この夏も暑くなりそうですね!!

当院も、夏の暑さにバテ気味で、
お昼の二時は、暑さのあまり 外を歩く人の気配を感じません。

お昼時の節電呼びかけもあり、
当院では、サマータイムを決行する事にしました。

    ・9月の暑い時期
受付時間を下記のように変更いたします。

午前  9:00 ~ 12:00
午後 15:00 ~ 19:30

土曜日は以下の通り変更いたします。

土曜日 午前9:00~12:00 
午後15:00~17:00

水曜午後 日・祝日 お休みの変更はございません

お間違いの無いように宜しくお願い致します。

     お盆休み 
   お盆休みは以下の通りです。

8月 14日(木) 15日(金) 16日(土)です。

8月13日(水)院長先生 お休みです。
8月23日(土)角野先生 お休みです。
                 院は、通常通り行います。

皆様、お間違いの無いように宜しくお願い致します。

投稿者 東洋医学治療院 | 記事URL

2014年7月 3日 木曜日

夏バテ 予防!?

夏バテ
暑い時期に入りますと、皆さん一度は体験するのでは?

僕も、炎天下での野球の練習に中学・高校時代には、毎年のように体験しました。

夏バテには、いろいろと種類があります。(持論ですよ~)

体外からの夏バテ(熱中症や熱射病の類 以前のブログです)
そして、
体内からの夏バテ(胃・腸の機能低下  胃の働きについてはこちら)

それぞれについての対処法は、ブログ内でご紹介しておりますが、

体内からの夏バテについては、実は紹介しきれませんでしたので、
ここで補足しようと思いますね。

体内の夏バテって?
胃腸に留まらず、臓器が暑さによって疲憊した状態!!
も~何ですが、それ以上の原因があります。

それが、冷え!!  (胃腸の強い人には 分り難い内容かも!?)
(ここからは、たくさんの患者さんを診て、たどり着いた持論です)

冷えにも、さらに分かれますよ~

体外からの冷え!!
そして
体内からの冷え!!

体外って、なんじゃそれ? 夏は暑いのちゃうん??

いやいや、あるでしょ!? それが、クーラー病!!

皆さんは、冬服から夏服に衣替えするでしょ?
じつは、僕らの身体も夏に強い体に衣替えするのですよ?
その時期が、季節の変わり目となる、春と秋!!
ここについては、話が長~くなるので、次にします。

夏に適する身体になっているので(たぶん)急激な冷却についていけない!!

特に、エアコンの冷気は、足元に漂い。暖気が上昇するので温度を下げがち。

足元が冷えると、内臓が委縮します。(縮こまるって事です)
なぜか?(理由付けちゃいますね)
足が冷えると、筋肉も冷たくなります。そこで、体温を上げようと血流が上がります。
っが、身体は、衣替えをして 暑さに耐える夏仕様。
夏服では、何枚着ても冬の寒さには耐えれません。

ってことで、足元で冷えた血液は、内臓を通って心臓に戻るので、経由する内臓が血液によって冷やされるって事。 (イメージつきやすいですか?)
だから、足元の寒い所では、お腹が冷えて食欲が落ちやすい。
また、急激な冷えは、自律神経を狂わせ、心臓発作にもなりやすいので要注意!!

そして、もう一丁が体内の冷え!!
これは、皆さんご想像がつきますでしょ~
そうです。冷たいものの摂り過ぎ!!
口から冷たいものを入れるのでダイレクトに冷やしているのです。

水分の摂り過ぎによる胃腸疲労も考えられますよ。(胃の働きを参照くださいね)
(水分は、消化されない為、ダイレクトに腸に流れ込みやすく、胃を超えて腸も冷えて委縮する)

予防対策は?
クーラー病を無くすこと!! っとは言っても暑いので、足元に冷気だまりが出来ないよう、空気を回してください。(扇風機やサーキュレーター、換気扇で上に溜まった暖気を出すのも良いですね!除湿もいいかも~)
空気が回ると涼しく感じるので、冷房温度を少し上げてください。

暑いけど、お風呂につかる。
熱いのですが、ぬるめでもいいので、お風呂につかってください。
冷房冷えした、身体を温める。& お風呂は自律神経を整えるのに最適!!

温かいものを食す
冷たいものや、生もの。のど越しのいいものばかりで冷えた内臓を温める。

特に良いのが、夏鍋!!
これには、浅い理由が・・・。夏食べるものって単純でしょ。
冷たくて・のど越しが良くって・・・って言ったら、限られてくる。
色々な食材を食べなくなるので、栄養失調になりやすいのです。(実は、夏バテのキーパーソン!!)

夏バテで食欲が無い時などは?
涼しくして、水やお茶などセット。汗かく気満々の格好で夏鍋を楽しんでみては?

それでも、疲れが取れない場合は、TSOや整体で自律神経をリセットして身体をもどしましょう。
(宣伝入れました<m(__)m>)

投稿者 東洋医学治療院 | 記事URL

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31