ミタニ院長とゆかいなスタッフのつぶやきブログ

2018年8月 6日 月曜日

知らない間に襲われる!クーラー病のお話

暑い日が続いてますね
甲子園も始まり夏もピークに‼
連日、熱中症への注意を放映・放送しています。

日中もそうですが、夜も熱帯夜が多く、
睡眠不足にならないようクーラーをかけている方がほとんどでは?

そこで、注意してもらいたいのがクーラー病penguin

クーラー病とは低体温症です。


「冷やしすぎが原因‼」っと思われますよね。
確かに、外気温と内気温の温度差で自律神経バランスの乱れもあります。


ただ、良く患者さんに言われるのが
「うちは火を使っているからガンガンかけても効いてない!」
「人が多いから温度を下げても暑い」
「クーラーかけても動いてるから、汗をかいてるよ」
全く、クーラーが効いてない‼っと感じですよね。
そんな方が、クーラー病になりやすい‼

暑く感じるのは、ほとんどが、顔などの上半身。
「クーラー病とは足元から襲ってくる」wobblyのですよ。

暖気は、部屋の上に溜まり
冷気は、部屋の下に溜まる

上半身の暑さに気を取られ、気づかないうちに、足元がキンキンに冷える。

上半身は、暑くて副交感神経が優位なのに対し
下半身は、寒くて交感神経が優位に。

身体が、上下で自律神経を乱す 
         これがクーラー病です。
 


どんな対策をするのが良いか?予防については次回で

投稿者 東洋医学治療院

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31