ミタニ院長とゆかいなスタッフのつぶやきブログ

2018年8月16日 木曜日

知らない間に襲われる!クーラー病のお話2

お盆休みも終わり8月も後半戦ですが、暑いですね~

クーラー病のお話の続きをしますね

前回は、クーラー病は冷やしすぎ 
皆さん 足元の冷えに気づいてませんよ
というお話でした。

では、どう同対策するのか?

やはり、風を回すのが一番
扇風機で風を回すとクーラーの温度を下げなくても
体感温度が下がります。
扇風機の電気代は、エアコンを一度下げるのに比べると、お得ですよ。

壁掛け扇風機は上から風を降ろすので熱風が回り、
生ぬるい風が・・・ただ空気を回す意味では効果的。

出来ればスタンド扇風機を低くし、上向きかげんに回すのがおススメ。

サーキュレーターで足元に漂う冷気を上げるのはいかがでしょうか?
上下の室温差がなくなり、快適になりますよ。


でも、お仕事場では、なかなかそうはいかないですよね。

クーラーの直風は避け、足元防寒のために、
タオルケットや、レッグウォーマーをお勧めします。

というのも、暑い気候に合わせ 体は夏使用に‼
冬ほど寒くなくても、冷えには敏感になっています。

足が冷えるだけで、低体温症の症状が出現。
食欲も落ち、胃痛や便秘・下痢などの消化器症状も起こします。

そして、夏こそお風呂に浸かりましょう。
暑―いお風呂でなくて結構です。
37~39度ぐらいのお風呂で半身浴し、
上下でおかしくなった体温と・自律神経をリセット。

お風呂前・上りにお水をコップ一杯飲んでくださいね。

あとは、冷たいもの取りすぎ!
身体が冷えるだけでなく、
胃腸も冷やし、動かなくなります。

食欲減退の原因となり、夏バテを引き起こします。

昔より格言がありますよね!
「のど元過ぎれば熱さ忘れる」
冷たいのも一緒で。
冷たく・おいしく感じるのも、のど元まで‼beer

冷たいものsnow と 熱いものspa 両方準備して
交互に 飲む or 食べる‼
お腹の中でいい湯加減にすれば、
食欲減退や夏バテの予防になりますよgood


投稿者 東洋医学治療院

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31