ミタニ院長とゆかいなスタッフのつぶやきブログ

2015年8月10日 月曜日

熱中症の2次障害 と お盆休みのご案内

夏の甲子園が始まり、ますます暑さ際立つ今日この頃、

皆さんとろけておりませんか?

熱中症対策として、冷房や扇風機などで涼しくしているかと思います。

シッカリと汗をかく癖も付けて下さいね!!


汗は、体温調節をする大切な生理的機能です。
 汗をかかないよう 我慢したり、
  汗をかかないように涼しくし過ぎたり、
   汗をかかないように、シャワーでお風呂を済ませたり

あまりしすぎると、汗腺の機能が弱り
  汗を掛けなくなると 熱が体内にこもります。

熱中症での2次障害をご存知でしょうか?

熱中症は、身体の熱を体外に放熱できない
             放熱が間に合わない状態
目まい ふらつき 顔の火照り
異常な汗の出方 昏睡 痙攣 脈拍異常
         などが起こり 生命の危険となります。

体温調節中枢は、首の付け根 脳の中枢にある視床下部にあり、
体温調節だけでなく、心臓の動き や ホルモンコントロール
呼吸や血圧調節 etc 生命のコントロールタワーです。
脳幹の一部で、自律神経の中枢部でもあります)

皆さん、熱中症の症状が治まれば、大丈夫!!
っと思っていませんか?

体温が40度以上一過性に上がりっぱなしになると、
内臓 その他の臓器。自律神経系に、大きなダメージを残しているのです!!
身体は、タンパク質を主成分としておりますが、
40度以上に上昇すると、タンパク質が熱変性をおこし、
身体の機能そのものを失ってしまうからです!!

当院でも、熱中症後後遺症の施術を行います。
以前に来られた方は、熱中症後、手が上がらない。
足先がしびれる。ふらつき・めまいがその後より出現するなど
食欲がなくなる、血圧・脈拍以上の方々 etc

見た目は、大丈夫でも身体の中のダメージは凄いので、
熱中症になった後は、しっかりと身体を休め・養生してくださいね。

さて、当院は8月12日(水)午後の診療~8月16日(日)まで
リフレッシュ期間として、お盆休みを頂きます。

しっかり充電して
     2015年 後半期突っ走ります!!
    お間違えの無いように 

そして、ひつじ年!! 後半も 宜しくお願い致します。               

投稿者 東洋医学治療院

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31