ミタニ院長とゆかいなスタッフのつぶやきブログ

2014年9月 5日 金曜日

皆さんに知ってもらいたい!! 

皆さんの周りで、急に
      体がしんどい
      肩こり・腰痛が出だした
      頭がふらつく
      目が回る
      眠りが浅い
      寝付けなくなる
      身体が冷たい
      イライラする
      集中力が続かない     人

 こういうのを聞くと、「疲れてるだけ」
 「早く寝たらそのうち治るよ~」っと思ってしまう 

もっと重症
      何もしてないのに筋肉が痛い
      関節が伸びきらない・曲がりきらない
      痙攣が起きだした
      震えが急に起きる
      食事がのどを通らない
      直ぐにお腹が痛くなる
      胸が痛い
      身体が痛い
      思うように身体が動かない
      耳鳴りがする
      頭痛が頻繁に起こる
      生理痛がヒドイ
      目まいで立つのが辛い   人

とりあえず、病院にいてみてもらう。

     しかし、

     病院で検査しても異常なし
     ネットで検索してさらに大きな病気と思い込み
     セカンド・サードオピニオンに行っても異常なし

     周りからは、「根性が無い」
            「ずる休み」
                     と言われる人。
     周りに解ってもらえず
            自分の苦しみを理解してもらえず
     ますます、自分の症状に苦しむ人。


     これらが  自律神経失調症  の症状です。

  元気な皆さん  
    これらの症状で   悩まれてる皆さん
  
もっとひどい症状となり
    さまざまな病気になってしまった  皆さん

勘違いしている方が、まだまだたくさんいるので、お伝えしたい。


     自律神経失調症 = 心の病気 ではありません。


 自律神経失調症には、  
      身体にあらゆる症状を引き起こし、休んでも自分で身体をもどせない!!
      日常の不摂生の積み重ねで  自分の身体を元気に保てない!!
      病気と診断される前の、一番苦しく辛い 身体の痛みや痙攣・変調

僕はこれを 体性自律神経失調 と呼びます。

      また、上記により身体をコントロール出来ない事からの 不安
          「もっと大きな病気じゃないか?」と思う      恐怖
          周りの環境からくる                精神的ストレス
     心の疲労が、身体に上記のような症状を巻き起こす。

僕はこれを  心因性自律神経失調 と呼びます。


自律神経失調症とは、原因が何にせよ
              身体に突如!! 起こった病の総称です。

病名を付けられない、一歩手前の苦しい状態。

症状にあった 病名を付けられれば
     「やっぱり悪かったんだ」   といくらか安心できる。

でも、それは「身体を元気保つ」 瀬戸際から転げ落ちたという事。


ぜひ、こういう症状がある事を
    「自律神経失調症は、心の病気」でない事を

そして、自律失調症は、元気を保つ力が弱まり、
          ありとあらゆる症状を発症する事を

その症状を治すには、身体をだましてはいけない!!

自分の治ろうとする能力を引き上げる事     自己治癒能力
自分の身体を守る能力を引き上げる事      自己免疫力
常に健康を保てるように身体を作り変える事   新陳代謝

これなくして 自律神経失調症・病気を克服する事は不可能!!
っと言っても過言でないでしょう。


その為に必要な事は、人それぞれ。

そのそれぞれを見つけ・健康に導くのが,
                                       私たち医療従事者の役割。

一人で悩まず、まずご相談ください。


投稿者 東洋医学治療院

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31