ミタニ院長とゆかいなスタッフのつぶやきブログ

2014年6月 3日 火曜日

続 熱中症 熱射病 日射病 

昨今の熱中症の多い環境とは、雨や湿度が非常に高く、温度はそれほど高くない(26°~)
こんな時は、クーラーや、扇風機。冷風扇など使用する率が少ないので、非常になりやすいと言われます。

起こしてしまったら、いったいどのようにすればよいのでしょうか?

まずは、日蔭の風通しの良い涼しい場所に移動させる事 
                         (熱源を避ける)
衣服などが汗でぬれている場合は、脱がせる事
                        (放熱環境を作る)
脇 や 鼠蹊部 ひざ裏 肘 首元を冷やす事    
                        (体温を直接下げる)
水分の補給 (塩やカリウムと言った電解質イオンも一緒に取ると尚OK)

熱痙攣を起こすこともあります。

119はお忘れにならないように!!


しかし、僕の起こした熱中症はちょっと違います。


それは、熱射による頸部の損傷。

首の中央(後頭部下)に自律神経の中枢があるのをご存知ですか?


そこには、脳幹と言われる生命の司令塔が有ります。
そこが、日差しによって過度に熱せられると 自律神経がオーバーヒートを起こし、体温調節だけでなく、呼吸や心臓の動きまでおかしくしてしまうのです。

野外での運動選手に多いのではないでしょうか?


帽子をかぶっていても、水分補給をしていても非常に怖いです。
とても暑いとは思いますが、ハイネック や 襟を立てたり 首にタオルを掛けるなど首元を日差しにさらしすぎないように!!


当院では、熱中症後後遺症の事例も来られ、治療しております。

特に、お年寄りの方!! 

熱中症を起こしてから 肩が上がらない!!
手がしびれる!!
足がおぼつかない!!  など

TSO治療が、非常に効果を発揮しております。(ちょっと宣伝)

今後は、雨期に入り非常に湿度が高くなります。

洗濯物の部屋干しなどが 多くなる時期は、特に湿度が高くなります。

除湿を心がけてくださいね。

外出時には、帽子や日傘 首を守れる物もお持ちください。

投稿者 東洋医学治療院

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31