ミタニ院長とゆかいなスタッフのつぶやきブログ

2014年2月20日 木曜日

ハンス・セリエのストレス学説 中編

セリエさんは、身体におこる全身適応症候群
として3つの時期に分類しました

・警告反応期:ストレッサ―に対する警報を発し、ストレスに耐えるため、
         身体の内部環境を急速に準備する緊急反応の時期。
  ・ショック相反・・・ストレッサ―のショックを受ける時期であり
             自律神経バランスが乱れ筋緩・血圧低下・
            体温低下・血液濃度の上昇・副腎皮質の縮小など
            の減少が見られ、外部環境への適応が出来ない状態。
            数分~1日程度持続する。
  ・反ショック相・・・ストレス適応反応が本格的に発動される時期。
            視床下部 下垂体 副腎皮質から分泌される
            ホルモンの働きにより、
            苦痛・不安・緊張の緩和・神経伝達の活性化、
            血圧・体温の上昇・筋緊張促進・血糖値の上昇・
            副腎皮質の肥大、胸腺リンパ節の委縮が見られる。

・抵抗期:生体の自己防衛機制として、ストレッサ―への適応反応が
      完成した時期で、持続的なストレッサ―とストレス耐性が拮抗
      している安定した時期。しかし、この状態を維持するにはエネルギーが
      必要でありエネルギーを消費しすぎて枯渇すると疲憊期に突入する。
      しかし、疲憊期に入る前にストレッサ―が弱まるか、消えれば生体は
      元に戻り健康を取り戻す。

・疲憊期:長期間にわたり継続するストレッサ―に生体が抵抗できなくなり、
      段階的にストレッサ―に対する抵抗力(ストレス耐性)が衰えてくる。
      疲憊期の初期には、心拍・血圧・血糖値・体温が低下する。
      さらに疲憊状態が長期にわたって継続し、ストレッサ―が弱まる事が
      無ければ、生体はさらに衰弱してくる。

人の心や体の働きは、複雑に絡み合っていいますが、
これらは脳が中心となって調節しています。
情動、内分泌、自律神経、免疫、運動、記憶、そのほかにも
たくさんの働きがありますが、生体がストレッサ―に曝されると、
これらの働きが影響を受けるという事です。
ストレッサ―に関する情報はすぐに脳に送られ、これまでの
経験・記憶・学習・さらに本能までも動員して、回避行動や身体の防衛反応など、
さまざまな対応の仕方で影響を和らげるのです。

長文 失礼します   後編へ続く

投稿者 東洋医学治療院

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31