ミタニ院長とゆかいなスタッフのつぶやきブログ

2014年1月31日 金曜日

ニュートラル ポジション

人は、常に左右対称ではない!!
なぜ?
それは、生活習慣や仕事・運動に適した姿勢になるからです。
これを、ニュートラルポジション っといいます。

もし、左右を対称に矯正すると?

スポーツ選手に例えると利き手・利き足を中心に、競技に適した姿勢を
崩すので、ぎっくり腰や関節痛・捻挫誘発因子となり 支障をきたす結果となる。
家事や、育児においても、子どもを抱っこしやすいポジション。包丁を使いやすい
ポジションを変える事で、抱きづらくなったり、家事しづらくなる。

では、どうするのか?
当院では、環境に合わせ、すべてのバランスを正確に・
左右対称に・合わせる施術はしてません。
ニュートラルポジションに合わせる事で、仕事・運動・生活環境に支障を
起こさないバランスに合わせる施術を行います。

しかし、それだけでは
「どんどん姿勢の偏りが生じてしまうのではないか?」っと思われる。
そこで、行うのが関節のゆとり・遊びを作り。
柔軟性の獲得と、偏った筋緊張の調和である。

身体に、疲労や過度のストレスが生じると、身体のゆとりが無くなり、
ニュートラルポジションさえも崩れてしまう。

しかし、施術を行う事で、ニュートラルポジションを掌握・さらに柔軟性が
増加し、左右対称に近づいてくるんです。
こうして、患者さんの生活・運動環境にあった身体を作り、
更に身体のポテンシャルを上げるのだ~!!

この施術で障害となるのが、関節の変形・拘縮・骨盤の脆弱。 
また、「関節の動きによってバランスを保つための代償姿勢」というものがあるが、
この姿勢とは明らかに相反する真逆の姿勢を取っている人。
この方々は、明らかな姿勢障害となるので矯正をかけて治します。

これらの施術において、一番難しく・要となる事。
それは、症状!! ではなく、本当の痛みの・痛めた原因を見つけ改善する事である。
安易な、骨盤矯正・姿勢矯正により、他の不具合を引き起こさない事。
ここも、気を付けなければいけない重要点なのですよ。

そこで、身体を芯から整える療法。TSOを行っているんです。
あまりにも長かったので、宣伝は控えておきます。m(__)m


投稿者 東洋医学治療院

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31