ミタニ院長とゆかいなスタッフのつぶやきブログ

2014年1月23日 木曜日

サルコぺニア肥満 後編

リスク
筋肉の減少が生んでしまうサルコぺニア肥満。
動脈硬化のリスクが高まり、心筋梗塞・脳梗・塞高血圧症などの
生活習慣病の発症につながります。
高血圧症になるリスクは、そうでない人と比較すると、
男性1.7倍 女性は2.3倍にもなるのです。

予防法
  予防法、それは 運動  ・ 食事法
1、運動
単に追い込んでガムシャラにするのはNGです。
特に、高齢者に長時間のきつい運動は、身体に宜しくありません。
身近に続けられる 有酸素運動 が最も適しています。
身近にできるものとして、ラジオ体操を当院では推奨しております。
女性では、3/日
男性では、5/日 で一日の最低運動量をまかなうことが出来ます。
継続は力です。まずは、今の筋肉を保つことを行い。
徐々に負荷や、量を上げていきましょう。

2、 食事
筋肉の元となるタンパク質を十分に摂る必要があります。
また、ビタミンやミネラル類は、筋肉を作り・脂肪を燃焼するために
必要不可欠な栄養素です。
タンパク質を中心に、ビタミン・ミネラル・食物繊維など
6大栄養素を、バランスよく摂取し、身体をしっかり作りましょう。
食事は、今より少し多く噛むことを意識し、早食いや大量摂取を控える事。
品数多く・量少なく  を心がけましょう。

サルコぺニア肥満の診断基準とは、まだ決まっておりません。
見た目で解り難いのがサルコぺニア肥満の特徴。
体重・体脂肪その他を基準に見つけていくことが大切です。
気になる方、何とかダイエットしたい方
一人で悩まずぜひご相談くださいね。

当院での肥満改善治療 
それは、
1、 骨盤矯正による姿勢矯正ダイエット
2、 耳つぼ痩身
3、 TSOによる体質改善ダイエット
    一番は健康!!その方の体に合った施術をご提案します。

投稿者 東洋医学治療院

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31