ミタニ院長とゆかいなスタッフのつぶやきブログ

2012年7月20日 金曜日

熱中・熱射病の予防って?

久しぶりに、まじめなお話。

梅雨明け後、刺さるような日差し、連日30度を超える猛暑日、暑すぎです。

この夏、節電のなか熱中症・熱射病対策をたくさん言われていますね。

皆様は、どのように行われてますか?
 水分補給  ・・・水分をしっかり補給しましょう。
        注意 汗をかいたり、水分を体内で吸収しやすいようにするには、電解質イオンなどが、必要となります。スポーツドリンクなどは、飲む点滴といわれるほど水分補給に 適してます。時々、補給するようにしましょう。

 汗をかきましょう  ・・・汗をかくことで、体内の体温を調節しております。速乾性のシャツなど、汗をかきやすいように!そして、肌にまとわりつかないようにしましょう。

 食事をしっかりとりましょう  ・・・食事は、体内調節に必要な栄養がたっぷり!三食必ず取りましょう。(夏バテ対策は、次回)

 身体を、冷やしすぎない  ・・・体は、夏に耐えれるように衣替えしています。エアコンなどで、冷やしすぎると体温中枢がマヒします。
よくないですか?寒い部屋から急に出たときの身震い! 急激な温度変化によるふらつき!冷える所・冷えそうな場所に行かれる時は、ひざ掛け・カーディガンなどのご準備を!

 冷房などを我慢しない  ・・・上とは矛盾ですが、汗をかきにくい人や・ご高齢者・自律神経失調の方・パソコンなどで、目や首・肩に疲れのある方(これにはわけが・・・これも次回で)体温調節のスイッチが不具合を起こしやすいです。体内に熱がこもりやすい方は、我慢しないでくださいね!

 頭や首への直射日光を避けましょう  ・・・頭部・頸部は、体を動かしたり、体を調節する指令塔!暑くなると、オーバーヒートして、機能がおかしくなります。帽子をかぶったり、襟付きのシャツや、首にタオルをかけるなど 直射日光を避けましょう。


まだまだ、出てきそうなのですが、長文になると読むのがしんどいでしょう!(僕が疲れました)
今日は、ここまで!

                        


          
 


 

投稿者 東洋医学治療院

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31